夫婦で墓に入る

夫婦墓の意味とその解釈

若い方々は夫婦墓ってご存知ですか。今生で縁あって夫婦になった二人は亡くなった後も仲睦まじく同じ墓に入ることをいいます。夫婦仲良く同じ墓に葬られると、その一族は代々幸福な家庭を築くことができるといわれています。 夫婦墓と一般の墓の違いは、一般のお墓は棹石に戒名を刻むときは棹石の中心に戒名を刻みますが、夫婦墓の場合は右寄りに刻みます。例えば夫が先に亡くなった場合、夫の戒名を右寄りに刻み、後で亡くなった妻の戒名を左側に刻みます。妻が先立った場合はその逆で、左寄りに妻の戒名を刻み、右側は夫が亡くなった時のために空白にしておきます。霊園墓地にいってどちらかが空白になっている不思議な墓石を見かけたらああこの墓は夫婦墓になる予定なんだな、と解釈していただければいいと思います。

どんな形でも夫婦は最後まで添い遂げましょう

そして夫婦墓の建立者は決して配偶者にしてはいけません。建立者は相続人の名前を刻みます。そうすることによって一族は運気が上がり、夫婦墓に葬られた二人は後世でも幸せになることができるのです。 夫婦墓は時には二人以上が葬られることがあります。それはどちらかが再婚をした場合です。 例えば妻に先立たれてから夫が後妻を迎えたとします。戒名はどう並ぶのかというと、まず左寄りに先妻の戒名を刻みます。その右隣に夫の戒名、そして後妻の戒名は一番左側、つまり先妻の隣りに刻むの望ましいとされています。もし中央に夫、その両隣に先妻と後妻という並びにすると夫婦仲が良くなかったとされ、代々一族が円満な家庭を築けないといわれています。 このように再婚したとはいえ一度夫婦になって添い遂げたからには3人同じ墓に入ることが望ましく、そうしなければ子孫繁栄に悪い影響を及ぼすかもしれないのです。 とはいえ、こんな話を聞いたらなんだか複雑な気持ちになりますよね。夫、妻の再婚相手とも仲良くお墓に入らなくてはいけないなんて。でも子のため孫のためと思いましょう。後世でも夫婦はやっぱりお互い我慢が必要かもしれませんね。