身内で見送る

家族だけで見送るお葬式

一般的な参列をお断りし、家族だけで故人を見送る葬儀を家族葬と言います。参列者の対応ないため、精神的な負担が軽減されます。なにより、ゆっくりと故人を偲ぶ時間が取れるのが家族葬です。 家族葬を希望される場合は、事前の準備が重要です。家族葬の場合は、完全に家族以外は参列できない形式にするのであれば、親戚の理解を得る必要があるのです。特に、亡くなられた方の御きょうだいに当たる方など近い親族の了承は必須です。家族に明確な取り決めがあるわけではありませんので、親族の希望によっては一部参列されるケースもあります。 また、これは一般葬など他の葬儀にも言えることですが、葬儀社は前もって選定しておくのが望ましい形です。亡くなられた後の準備がスムーズですし、よりゆっくりと最期の時を過ごすことができるからです。

家族葬専用の低価格プラン

家族葬には、身内だけでゆっくりとお別れができるというメリットのほかにも、費用が安いというメリットがあります。狭い会場で済むため会場使用料も抑えられますし、返礼品や花も必要最低限で済みます。そのため、結果的に葬儀費用が安くなるというわけです。こうした経済的なメリットを重視して家族葬を選択するケースが近年増加傾向にあります。 そうしたニーズを受け、葬儀社では様々な家族葬プランが登場しています。棺・祭壇・遺影・霊柩車・会場使用料など最低限必要なものを全てパック化した商品で、費用もまとめて提示されているためわかりやすいのが特徴です。棺や祭壇のランクにもよりますが、中には十数万円でも葬儀を可能とする葬儀社もあります。もちろん、価格だけではいい葬儀かどうかは図れませんので、応対なども総合して選定することが大切です。