お別れ会をする

お別れ会をする人が増えた

現在では、葬儀と告別式は同時に営むことが主流になっています。しかし、最近では昔のように葬儀と告別式が別々に営まれることが増えました。とは言え、昔とは少し違う形で営まれます。まず、近親者だけで家族葬を行います。何日か経過してから故人の友人や知人などに集まってもらい、お別れの会を行うと言うものです。このお別れ会が告別式にあたります。 このスタイルでは、友人が主催者になる場合もありますが、家族が主催することがほとんどです。お別れ会の内容や形式は自由なので、馴染みが無いスタイルを採用することも多いです。しかし、どんな形であれ故人を悼むことがメインになります。ですから、節度を持って営むことが基本になってきます。

お別れ会をする会場とは

葬儀は業者に依頼することがほとんどですが、お別れ会をするのに業者に依頼することはほぼありません。 お別れ会の会場としてよく利用されるのは、葬儀会館や地域の集会場です。しかし、最近ではホテルやレストランを選ぶ人もいます。出席してくれる人の数が多ければ、ホテルや葬儀会館が便利です。 しかし、お別れ会は故人を偲びながら会食をする形が一般的です。料理の味を重視して、会場にレストランを選ぶ人も多くなっています。最近は、お別れ会のニーズが高まってきたことで、プラン作りに力を入れるレストランも増加傾向にあります。 こう言う会では和食が出されることが多いですが、フレンチや中華料理を選んで華やかな会にしたいと言う人もいます。